2018年04月26日

クリーンデー燕に力強い助っ人

去る4月14日に行われた
クリーンデー燕の話題を先日ご紹介しました。
実はこの日に合わせて、潟xルジュ企画様から
ゴミ拾い用のトング6種類百本と
その先端に付けるオリジナルキャップの
寄贈を受けていました。
もちろんクリーンデー当日は
私もこのいただいた新品のトングで
ゴミ拾いを行ったのでした。

トング (5).jpg

4月20日、潟xルジュ企画の山田社長様が
お嬢様と一緒に市役所を訪問され
あらためて、私に目録を手渡してくださいました。
ありがとうございます。

山田社長様は、日ごろから
ペットボトルのキャップのリサイクルなど
環境美化活動にも力を入れているそうですが、
この度、ゴミ拾いトングに取り付けることで
小さいゴミも使い勝手よく拾える
シリコン製のキャップを開発されました。

トング (12).jpg

「ぜひその使い心地を試してもらいたい」
今回集めたペットボトルのキャップの収益金で
トングを購入し、自社で開発したキャップをセットにして
クリーンデーに合わせて市に寄贈されたということです。

トング (19).jpg

クリーンデー燕にとって力強い助っ人を得ました。
秋に予定されている次のクリーンデーはもちろん、
夏のクリーンアップ選手権などでも
多くの市民の方々に使用してもらおうと思っています。
「輝く燕」、みんなの力で実現していきましょう。
posted by 鈴木力 at 07:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月25日

遊生の町

緑町の市営団地跡地を活用し
社会福祉法人遊生会が整備してきた
特別養護老人ホーム「遊生の町」と
高齢者グループホーム「まいらいふ燕」が完成。

遊生会 (7).jpg

5月1日のオープンを前に施設見学に行ってきました。
「遊生の町」は定員29名、ショートステイ10床を併設しています。
また、「まいらいふ燕」は18名(1ユニット9名×2ユニット)。

遊生会 (24).jpg
遊生会 (55).jpg
遊生会 (45).jpg

近年、人材不足で介護スタッフの確保が難しく
施設を整備しても予定通りに開設することが
ままならない事例があります。
理事長の水野哲馬さんにお聞きしたところ、
遊生の町もスタッフ確保に困難が予想されたそうですが、
様々な工夫を講ずることにより、
人材を確保することができたそうです。

遊生会 (18).jpg

施設内を見学して真っ先に目を惹いたのが
エレベーターのドアのラッピング。
「遊生の町」の名称のとおり、
燕市の「まち」の姿が描かれています。

遊生会 (30).jpg

そして階数に応じて、ツバメの数が増えていきます。
入所者もご家族もエレベーターに乗るのが
楽しくなってくると思います。
ナイス! なアイディアに感心しました。

遊生会 (35).jpg

「まいらいふ燕」には、檜のお風呂がありました。
これも人気になりそうですね。

遊生会 (58).jpg
遊生会 (53).jpg

「遊生の町」と「まいらいふ燕」が
地域の皆様から末永く愛される施設として
燕市の高齢福祉にご貢献されることを期待しています。
posted by 鈴木力 at 07:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月24日

企業版ふるさと納税

「企業版ふるさと納税」という制度があります。
国が認定した地方公共団体による地方創生事業に対し、
寄附をした企業が地方創生応援税制による税額控除を
受けられるという仕組みです。

燕市では、昨年度に「スポーツランド燕・野球場」の
ダッグアウトの拡張やバックネットなどの改修事業について
この「企業版ふるさと納税」の募集を行ったところ、
東京ヤクルトスワローズのオフィシャルスポンサーである
東京都の株式会社アイム・ユニバース様より
100万円のご支援をいただきました。

スポラン (2).jpg

この度、当該改修事業が完了しましたので
潟Aイム・ユニバースの藍川社長様に
感謝状を贈呈しました。
おかげさまでダッグアウトが
見違えるように立派になりました。
ヤクルトスワローズとの交流事業が
良きご縁を結んでくれた結果です。

スポラン (29).jpg
スポラン (30).jpg

今年の夏には4市対抗スワローズカップが
スポーツランド燕で開催されます。
改修となったこの施設を活用し、
子どもたちが熱戦を繰り広げてくれることを
期待したいと思います。

感謝状 (6).jpg
posted by 鈴木力 at 07:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月23日

産後ケア事業を大幅に拡大します

燕市では平成29年度から産後ケア事業を実施しています。
これは、出産後の育児不安を和らげ、
安心して産み育てられる子育て環境の充実を図る目的で、
出産後間もない母子を医療機関で受け入れ
お母さんと赤ちゃんの健康管理や生活面の指導、
沐浴・授乳等の育児指導などを行うものです。

図1.jpg

平成30年4月2日から、
産後ケアを受けられる医療機関等については
新たに三条市、新潟市の12医療機関等を加え
13箇所となりました。
昨年より大幅に利用しやすくなりましたので
是非、ご活用ください。
詳しくは燕市ホームページでご確認ください。

産後ケア事業とは
http://www.city.tsubame.niigata.jp/content/100871158.pdf

産後ケア実施の医療機関一覧
http://www.city.tsubame.niigata.jp/content/100871160.pdf
posted by 鈴木力 at 07:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月22日

クリーンデー燕2018春

4月14日、クリーンデー燕が市内各地で行われました。
今回私が参加したのは分水地区の野中才。

クリーンデー燕 (3).jpg

とても良い天気、
野中才自治会のみなさんと一緒に
美しい大河津分水堤防の桜並木を横目で見ながら
空き缶、たばこの吸い殻などを拾いました。

クリーンデー燕 (1).jpg

クリーンデー燕 (13).jpg

花見客が訪れた時に、
桜も綺麗だけれど、まちもキレイだね
と言ってもらえるように
力を合わせて頑張りました。

クリーンデー燕 (12).jpg

みなさん、お疲れさまでした。
秋のクリーンデーもよろしくお願いします。

クリーンデー燕 (17).jpg

posted by 鈴木力 at 07:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする