2024年05月18日

こどもの居場所づくりトップセミナー

4月25日、新潟県自治会館「講堂」(新潟市新光町)で
新潟県内の市町村長を対象とした
こどもの居場所づくりトップセミナーが開催されました。

01.jpg

NPO法人全国こども食堂支援センター・むすびえ、
一般社団法人地方行政調査会が主催のセミナーです。

02.jpg

むずびえ理事長の湯浅誠氏が
「地域づくりとしてのこどもの居場所づくり」と題して
地方自治体における「こども政策」の在り方、
地域コミュニティで「こどもの居場所」が果たす役割、
支援企業の考え方やSDGSとの関連などについて
具体例を交えて講演してくださいました。

03.jpg

燕市は本テーマについては
比較的早い段階で取り組んでまいりましたが
今回のセミナーを受けて改めてその推進の重要性を
確認することができました。
今後の施策に役立てていきたいと思います。
posted by 鈴木力 at 07:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年05月17日

【燕市産業史料館】水燕鎚工会作品展の閉幕迫る(5月19日まで)

燕市産業史料館で開催中の企画展
「水燕鎚工会作品展<Revival〜再展〜>」の
会期も残すところあと3日です。

20240507_151535.jpg

6人の金工作家の卓越した技法をご覧いただく機会です。
ぜひお見逃しなく。

追加05.jpg

追加04.jpg
posted by 鈴木力 at 07:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年05月16日

健康保持増進プログラムの成果で筋力値がアップ!

燕市では、消防職員の段階的な定年引き上げに伴い、
50歳以上を対象とした「消防職員健康保持増進プログラム」を、
令和5年度から全国に先駆けて導入しました。
このたび、1年間の実践成果として7つの種目で体力テストを実施し、
実践前の結果と比較したところ、上半身の筋力向上を中心に、
ほぼ全種目で数値が向上する効果がみられました。
今後も、消防職員の健康維持と体力強化により消防力の維持増強に努めます。

【消防職員健康保持増進プログラム導入の効果】
1.実践期間:令和5年5月〜令和6年3月(実践場所:ビジョンよしだ)
2.対象職員:50歳以上の消防職員 46名
結果一覧表2.png
*【実施回数の平均値比較グラフ】
(実施前測定:令和5年2月 / 実施後測定:令和6年3月)

50-54グラフ.JPEG
50代前半では、主に消火活動中の筒先保持等に有効な上半身の筋力が向上しました。

55-60グラフ.jpg
50代後半では、安全・確実な救助活動に必須な下半身の筋力をはじめ、
全種目において数値が向上しました。
posted by 鈴木力 at 07:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする