2017年06月29日

今が見頃です

H290623_田んぼアート (2).jpg

今年も田んぼアートの見学台を設置しました。

H290623_田んぼアート (1).jpg

見学台設置は、8月6日(日)まで。
利用時間は午前9時から午後5時までです。
今がまさに見頃です。
お近くにお寄りの際は是非ご覧ください。

H290623_田んぼアート (3).jpg

posted by 鈴木力 at 07:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月28日

「選べるカトラリー」事業、始動!

燕市では、2020年に開催される
東京オリンピック・パラリンピックを契機に
首都圏に集まる国内外のVIPに対し
燕製品の魅力や技術力の高さをPRする事業を展開します。
名付けて「選べるカトラリー」。
燕三条地場産業振興センターのレストランメッセピアで
実施している取り組み参考に
バージョンアップした事業です。

具体的には、国内外のVIPが利用するレストラン等に対して
燕市が誇る高品質カトラリーをレンタル。
食事をされるお客様に選んで使っていただくことで、
それぞれのカトラリーの特徴や魅力を実感していただきます。

選べるカトラリー1.jpg

カトラリーのシリーズ数は最大8種類。
現在皮切りとして、
4シリーズを使用した「選べるカトラリー」を
日本橋三越特別食堂で展開中です。
1.実施期間 平成29年6月1日(木)〜7月31日(金)
2.場  所 日本橋三越本店 特別食堂 日本橋
3.内  容 「国産鮑のグリエ(1人前15,444円)」や
ローストビーフのコースを注文したお客様に、
好みのものを選んで、使用していただく。

今後はさらに多くの首都圏レストラン等で
実施していただけるよう提案を行っていきます。
みなさん、注目していてください。

<レンタルを行うカトラリーのラインナップ>

選べるカトラリー2.jpg
月桂樹 燕物産(株)
銀メッキ 洋白銀器式 
100年変わらず受け継がれている、日本最古のデザイン

選べるカトラリー3.jpg
カシェ 山崎金属工業(株)
18-8ステンレス 
アメリカで愛され続け、世界で通用するデザイン

選べるカトラリー4.jpg
ビザンティン 山崎金属工業(株)
18-8ステンレス 
有名デザイナーによるゴージャスなアメリカンスタイル

選べるカトラリー5.jpg
ミルトア 小林工業(株)
18-10ステンレス 
日本の文化に合う、スマートモダン。
2009年度グッドデザイン賞受賞

選べるカトラリー6.jpg
ALFACT シャルル 轄r澤製作所
洋白材 3.8μ銀メッキ仕上げ 
本物だけがもつ絶妙な重量感とバランス
熟練職人によって1本1本手作業で作られている逸品

選べるカトラリー7.jpg
ソフィー ピンクゴールドメッキ付 潟gーダイ
XM-7(18-8)ステンレス ピンクゴールドメッキ0.06μ
上品さと力強さを合わせ持つ、
洗練されたスタイリッシュなフォルム。

選べるカトラリー8.jpg
Saks Super 700 Zeus 潟Tクライ
SUS316L 
ステンレス鋼の3〜3.5倍の耐摩擦性。
永く、その輝きと美しさを保ちます

選べるカトラリー9.jpg
ICHI 椛蜷物産
18-8ステンレス(ブラックチタンコーティング)
デンマークの著名デザイナー「オーレ・パルスビー」の
長きに亘るデザイン業績の遺作
posted by 鈴木力 at 07:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月27日

燕市国際交流協会 総会・交流イベント

国際交流 (17).jpg

6月19日、燕三条ワシントンホテルにおいて
燕市国際交流協会の平成29年度総会と
交流イベントが開催されました。
私は交流イベントからの参加となりました。

国際交流 (26).jpg

交流イベントでは
昨年度の燕市英語スピーチコンテストの入賞者3名
吉田中3年の山田ひなたさん
燕中等教育学校3年の柴山凛奈さん
燕中等教育学校4年の森山晴日さん
が英語でスピーチをしてくれました。

国際交流 (3).jpg

昨日もこのスピーチコンテストのレベルの高さを
ご紹介しましたが、昨年度の入賞者たちは
海外親善大使を経てさらなるレベルアップした実力を
披露してくれました。本当に将来が楽しみです。

国際交流 (5).jpg

懇親会では、
鯨岡徹さんの尺八と川崎祥子さんのピアノによる
ミニコンサートもあり和やかな夕べとなりました。

国際交流 (20).jpg

2020年東京オリンピック、パラリンピックに向け
海外からの渡航客を多くなってきています。
今後、草の根の国際交流が
ますます求められてくると思います。
燕市国際交流協会にはその中心的役割を
担っていただくことを期待しています。
posted by 鈴木力 at 07:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする