2022年07月04日

「大河津分水」「長善館」をテーマに「燕大学」を開催

「燕大学」(市民向け生涯学習講座)は昨年に引き続き、
通水100年を迎える「大河津分水」をテーマに開催します。

11_燕大学_R3第1回目の様子.jpg

今年は大河津分水の建設に功労のあった
長善館の門下生たちの活躍を学ぶ講座に加えて、
第3回目では松下村塾・吉田松陰に関する特別講座を
萩博物館(山口県)の学芸員をお招きして開催し、
松下村塾・長善館の教えや両館の果たした役割などを学びます。
明日7 月 5 日から申し込み受付を開始します。
お早めにお申し込みください。

11_燕大学ポスター.jpg

【第1回】定員 30 名
1.日 時:7 月 30 日(土) 午前 10 時〜11 時 30 分
2.会 場:燕市分水公民館 3 階視聴覚室
3.演 題:「分水建設の功労者 田澤 実入と桜を植えた山宮 半四郎」
4.講 師:信濃川大河津資料館コーディネーター 樋口 勲 氏

【第2回】定員 50 名
1.日 時:8月 27 日(土) 午後 1 時 30 分〜午後 3 時
2.会 場:燕市中央公民館 3 階中ホール
3.演 題:「長善館の門下生たちは大河津分水にいかに携わったのか」
4.講 師:筑波大学助教 田中 友香理 氏

【第3回】定員 300 名 ※第3回のみ、市外の方などどなたでも参加できます
1.日 時:10 月 15 日(土) 午前 10 時〜11 時 30 分
2.会 場:燕市文化会館 大ホール
3.演 題:「松下村塾・長善館 松陰・文臺 SHOINISM と CHOZENISM を考える」
4.講 師:萩博物館総括学芸員 道迫真吾 氏、 長善館史料館長 横山 文一  氏

【共通事項】
1.対 象: 燕市に在住、在勤、在学の高校生以上の人(第 3 回のみ、どなたでも参加可)
2.参加費:無料
3.申 込:7 月 5 日(火)〜燕市中央公民館 2 階窓口か電話 ※定員に達し次第締切
※いずれかの回のみの参加も可能です。
posted by 鈴木力 at 07:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする