2017年04月13日

入学式×4

4月は入学式のシーズン。
様々な学校の入学式に出席してきました。

4月4日
県立吉田病院付属看護専門学校の入学式。
今年は第50期生。
25名が2年後の看護師国家試験を目指して
看護技術を学びます。
高齢化社会が進展する一方で
看護職不足が深刻な課題となっています。
地域医療の重要な担い手として
活躍されることを心待ちにしています。

H290404_看護専門学校入学式 (1).jpg

4月5日
県立燕中等教育学校の第13回入学式。
80人の新入生が6年間の学びをスタートさせました。
昨年の大学入試では関係者の念願だった
超難関大学の合格者を輩出した燕中等。
地域に立脚しつつ地球的視野で活躍できる人材に
大きく育っていくことを期待しています。

H290405_燕中等教育学校入学式 (6).jpg

4月7日
県立分水高等学校の平成29年度入学式
71人が希望に胸を膨らませて
高校生活をスタートしました。
分水高校は郷土の歴史や文化を学ぶ活動を通して
良寛からは「自律」を、
大河津分水の歴史からは「協働」を学ぶなど、
独自の取り組みを実践しています。
これからも地域と連携しながら
特色ある教育を推進し、
地域社会に貢献できる人材を
育成していってほしいと願っています。

祝辞.jpg

4月10日
平成29年度県立吉田高等学校入学式。
138人が本校への入学許可を許可されました。
吉田高校も昨年はモンゴル国パラアーチェリーチームとの
交流事業に積極的に参加してくださいました。
アーチェリー部が合同練習を実施、
茶道部もモンゴル国の人たちを
日本文化で「おもてなし」してくれました。
これからも地域と連携しながら
「熱と気魄」の精神で、
自分たちの能力を高めていってほしいと思います。

H290410_吉田高等学校入学式 (15).jpg
posted by 鈴木力 at 07:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする