2017年04月17日

つばめ野球教室Vol.7

4月9日、スポーツランド燕で
東京ヤクルトスワローズOBによる
野球教室が開催されました。

OB教室 (18).jpg

今年で7年連続の開催です。
あいにく天候は雨だったため
体育館と屋内練習場での実施でしたが、
市内13スポーツ少年団から207名が参加し、
中身の濃い野球教室となりました。

OB教室 (1).jpg

初めにチーム毎に記念撮影。
みんな、スワローズの帽子が似合いますね。

OB教室 (2).jpg

今回の指導者は、例年にも増して
豪華メンバーとなりました。
昨年に続き、往年のエース・松岡弘氏が参加されたほか、
独特のバッティングフォームで
一時代を築いた名捕手・八重樫幸雄氏、
新潟アルビレックスの監督を務めたこともある
人気者・ギャオスこと内藤尚行氏が初参加、
総勢7名による野球教室です。

OB教室 (4).jpg

指導の進行は専らギャオス内藤さんがリード。
元気一杯のキャラクターそのものに
準備運動、ベースランニング、キャッチボールの基本を
熱く、そして分かりやすく教えてくれました。

H290410A_ヤクルトOB教室 (13).jpg
H290410A_ヤクルトOB教室 (2).jpg

新潟アルビでの監督経験が
生きているのでしょう。

OB教室 (14).jpg

200人を超える子どもたちを
リードしていく手腕はお見事でした。

OB教室 (5).jpg

後半は、バッテリー、内野手、外野手、
低学年に分かれて技術指導が行われました。

H290410A_ヤクルトOB教室 (16).jpg
H290410A_ヤクルトOB教室 (8).jpg
H290410A_ヤクルトOB教室 (18).jpg
OB教室 (7).jpg
OB教室 (15).jpg

私は屋内練習場で行われたバッテリーの練習を
見学したのですが、今回初参加の八重樫氏から
指導を受けたキャッチャー陣は
貴重な経験だったでしょう。
構え方、ミットの向き、足の運びなど
実に細かい技術を教えてもらうことができました。

H290410A_ヤクルトOB教室 (4).jpg
H290410A_ヤクルトOB教室 (22).jpg

加えて、松岡氏がキャッチャー陣を集めて
ピッチャーから見たキャッチャーの役割の大切さを
説明してくださいました。
キャッチャーというポジションに
誇りと遣り甲斐を感じた子どもたちが
多くいたのではないでしょうか。
将来の名捕手が燕市から誕生するかもしれませんね。

H290410A_ヤクルトOB教室 (25).jpg

最後は、お楽しみ抽選会。
山田哲人選手のサイン入りバットや
石川雅規投手のサイン入りグラブを獲得した
ラッキーな子どもは誰だったのでしょう。
うらやましいですね。

OB教室 (17).jpg

今回の野球教室で学んだことをしっかりマスターし、
今年のスワローズカップ少年野球大会の予選会
そして松山市で開催される本大会に
生かしてくれることを期待しています。

H290410A_ヤクルトOB教室 (24).jpg
posted by 鈴木力 at 07:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする