2021年08月20日

「読解力」育成プロジェクトが始動

2018年2月に東洋経済新報社から出版された
「AI vs. 教科書が読めない子どもたち」を
読まれたかたも多数いらっしゃると思います。
著者は、数学者で国立情報学研究所所長の新井紀子さん。
多くの関係者にショックを与えたベストセラーです。

この本を読んで衝撃を受けた私は、燕市の子どもたちに、
大人になった時、AIに負けない能力を
身につけさせてやらなければならないと強く思いました。

そこで、今年度から約530万円の予算をかけて、
「読解力育成プロジェクト」を開始することとしました。

読解力講演会 (1).jpg
読解力講演会 (4).jpg

新型コロナウイルス感染拡大の影響で予定より少し遅れましたが
先日、新井紀子先生を講師に教職員を対象とした研修会を
オンライン形式ではありましたが、開催することができました。

読解力講演会 (3).jpg

今後は秋に、市内小学校6年生と中学生全員と希望する教員を対象に、
県内初となるリーディングスキルテストを実施します。
この診断テストの結果と、新井先生からの指導を受けながら
読解力向上に向けた授業改善に向けた取組を推進していきます。
教育委員会職員及び市内小中学校の教職員のみなさま
子どもたちの将来のため、よろしくお願いいたします。

posted by 鈴木力 at 07:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする