2019年11月30日

玉虎堂製作所 100 周年記念展を開催

リニューアルした産業史料館の企画展第4弾は、
玉虎堂製作所の 100 周年記念展を開催します。
燕市のものづくりにおいて、伝統的な技術を継承しつつ、
いち早く機械化することで金属ハウスウェア製造を
大きくリードしてきた玉虎堂製作所。
今展覧会では創業から第二次世界大戦以前、昭和から平成、そして未来へ
の3つのカテゴリにわけ、熟練職人の手によって作られた製品とともに
玉虎堂100年のの軌跡を紹介いたします。
多数のみなさまのご来場をお待ちしています。

チラシ.jpg

1.会 期:12 月6 日(金)〜1月19 日(日)
※休館日:月曜日(祝休日の場合は翌日)、祝日の翌日、年末年始(12 月29 日から1 月3 日)

2.時 間:午前9 時〜午後4 時30 分

3.会 場:燕市産業史料館 企画展示室

4.料 金:大人400 円、小中高校生100 円
※市内小・中学生と付き添いの保護者1 人はミュージアムパスポートで土曜日・日曜日・祝日は無料

5.展示品:製品、昔の写真(歴代社長、工場風景)、パンフレット、系譜図、年表

6.作品解説会
(1) 日 時:12 月8 日(日)午後2 時〜午後3 時
(2) 会 場:燕市産業史料館 企画展示室
(3) 解 説:当館学芸員
posted by 鈴木力 at 07:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月29日

新しい名物スイーツが誕生?

夢や目標の実現に向けてチャレンジする児童生徒の
活動を応援する「羽ばたけつばくろ応援事業」を活用し
県立吉田高校の生徒が地元菓子店と共同して
新しい和菓子を考案しました。
去る11月15日に代表二人が
私のところに報告に来てくれました。

吉田高校(1).jpg

菓子の名前は「いろは−彩葉−」。
吉田上町の「米納津屋」さんが、
生徒たちのアイディアを製造してくれました。
燕市のお米「つば九郎米」を入れた
2色のカステラ(田植えと稲刈りをイメージ)で
栗ようかんを優しくはさんだ3層の和菓子。
上のカステラにはツバメの焼き印が
入れてあり、燕市をアピールしています。

吉田高校(6).jpg

10月に行われた第29回全国産業教育フェア新潟大会で販売し
2日間で400個を完売。大好評だったそうです。
私も試食してみましたが、確かに美味しい!

吉田高校(3).jpg

今後の計画を聞いてみたところ
年明けに開催される「つばめスイーツグランプリ」に
ぜひ出場してみたいそうです。
優勝目指して頑張ってほしいです。
そしてできれば米納津さんからは
本格的に商品化していただき
燕市の名物スイーツに育てていってほしいと
心から願っています。

なお、関連記事が県央ドットコムに掲載されています。参照下さい。
http://www.kenoh.com/2019/11/18_kashi.html

posted by 鈴木力 at 07:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月28日

第12回燕市民茶会

11月17日、燕市中央公民館で
第12回燕市民茶会が開催されました。

市民茶会(1).jpg

今回の席主は、
第1席 佐藤宗和さん(宗偏流)
市民茶会(23).jpg
市民茶会(18).jpg

第2席 大泉宗寿さん(裏千家)
市民茶会(7).jpg
市民茶会(8).jpg

点心席 立 宗恵さん(表千家同門会新潟県支部)
市民茶会(21).jpg
市民茶会(22).jpg

お天気にも恵まれ、多くのみなさんが
至福の一服を楽しんでいらっしゃいました。

市民茶会(14).jpg
市民茶会(9).jpg
市民茶会(24).jpg

私も公務の合間を縫って参加。
今年は5月の白藤茶会、9月の良寛茶会ともに
都合がつかず出席できなかったため、
今年(令和)初めての茶会出席となりました。

市民茶会(42).jpg
市民茶会(32).jpg

おかげさまで、久しぶりに
ゆったりとした気分に浸ることができました。
燕市茶道友の会のみなさま、
ありがとうございました。

市民茶会(33).jpg
posted by 鈴木力 at 07:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする