2017年08月25日

子ども記者6期生G(チームC取材活動)

チームCの取材テーマは「災害食」です。
日常生活ではあまり馴染みがない「災害食」ですが、
その実態について、子ども記者たちが調査しました。

C (5).jpg

まずは市役所の防災課職員にインタビュー。
災害食の歴史や、普通の食品との違い、
保存方法などを質問しました。

C (7).jpg

災害食の他にも、災害時に備えて用意しておくべき道具や、
実際の避難所の写真を見せてもらうなど、
災害について深く学べたようです。

C (4).jpg

続いて、「実際に備蓄されているところを見に行こう!」
ということで、吉田産業会館へ。

C (6).jpg

市役所に戻り、いよいよお待ちかねの試食タイム!
「缶詰に入ったふかふかのパン」や
「お湯をかけるだけで作れるパスタ」など、
10種類以上の災害食を食べ比べました。

C (9).jpg


C (8).jpg

「災害食」と聞くと味気ない印象ですが、
そんなイメージを覆す、美味しい災害食の数々に
子ども記者も驚いた様子。
その作り方や味の感想は、実際の紙面を
楽しみに待ちましょう。

C (1).jpg

C (10).jpg

今回の取材を通じて防災意識を強めた子ども記者の面々。
市民の皆さんにも学んだことを
わかりやすく伝えられるよう、紙面づくりも頑張ります!

posted by 鈴木力 at 07:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする