2017年08月14日

高齢者等見守りに関する4者協定

少し前のお話。
7月28日、燕市と協栄信用組合、燕警察署、
燕市民生委員児童委員協議会との間で
高齢者等見守りに関する4者協定を結びました。

4者協定 (17).jpg

協栄信用組合が行う日常の業務の中で
高齢者等に対して何らかの異変を察知した際、燕市に連絡。
連絡を受けた燕市は、燕警察署及び民生委員児童委員協議会
と連携し必要な対応を図るというもの。

この種の協定は、平成24年7月にヤクルト販売と
平成25年2月に市内新聞販売店と、
そして今年6月に市内郵便局と結んできました。
今回の協栄信用組合で4事例目になります。

4者協定 (29).jpg

高齢者の単身世帯が増えている状況下にあって
万が一のための見守りネットワークが充実することは
とても大切なことです。
協定締結先のみなさま、
今後ともどうぞよろしくお願いします。
posted by 鈴木力 at 07:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする