2017年07月21日

三棋士、東日本大会へ

文部科学大臣杯第13回小中学生将棋団体戦の
新潟県大会で優勝した吉田中学校の生徒3人が
先日、優勝報告に来てくれました。
その3人は、
3年生の青木渓真くん、頓所亜夢路くん、
そして2年生の大野亮くん。

吉中将棋表敬 (9).jpg


3人は県大会で6チームの総当たり戦を全勝で制し
7月24日東京で行われる東日本大会へ駒を進めました。
得意戦型は、青木君が居飛車党、頓所君が中飛車一本やり、
大野君が三間飛車か向い飛車だそうです。

吉中将棋表敬 (6).jpg

将棋界は中学生棋士藤井聡太四段の活躍で
一大ブームとなっています。
吉田中の3人も同世代。東日本大会では
藤井四段に負けないくらい大活躍をしてほしいですね。
ガンバレ!吉中の三棋士!!

吉中将棋表敬 (15).jpg

posted by 鈴木力 at 07:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする