2017年04月27日

おかえりつばめ〜ル

本日から数日間、
平成29年度の新規事業をご紹介します。
最初は、「おかえりつばめ〜ル」です。
認知症高齢者などの行方不明者は、
少しでも早く発見することが重要です。
そのため、現在、新潟県警察が行っている
「はいかいシルバーSOSネットワーク」と連携して、
行方不明者情報を「おかえりつばめ〜ル」として
配信する事業を始めました。

おかえりつばめ〜ル.jpg

仕組みは以下のとおりです。
@まず、認知症などと診断され、
行方不明になる恐れのある人について、
その人のご家族や入所している施設などから
事前登録していただきます。

A事前登録された方に
反射材製の「登録者ステッカー」を差し上げます。
靴やステッキなどに貼って目印として使用
していただきます。

くつステッカーロバ(枠あり).jpg

B一方で、行方不明者に対する
日常生活での目撃情報などを提供いただく、
「おかえりサポーター」を募ります。
認知症サポーターをはじめとした個人
または企業・団体が対象となります。

C登録者が実際に行方不明等になった場合、
サポーターに協力要請の「おかえりつばめ〜ル」を
配信し、目撃情報の提供を求めます。

おかえりサポーターステッカー.jpg


行方不明になる恐れのある人の事前登録及び
「おかえりサポーター」の登録は、
ともに燕市長寿福祉課窓口又は
各地域包括支援センターへ申請書を
提出していただくことになります。
詳細は上記担当窓口にお問い合わせください。

posted by 鈴木力 at 07:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする