2017年03月23日

お靴のベッド1317

今年も、燕、吉田、分水のロータリークラブさんから
市内の幼稚園、こども園、保育園の園児たちに
お靴のベッドを計1,317個、ご寄贈いただきました。

ロータリークラブ (1).jpg
ロータリークラブ (15).jpg

こどもの教育は幼児期の躾が大切、
足元の靴をそろえることから幼児教育を始めよう、という
長野県円福寺の藤本幸邦和尚の教えを普及するため
合併前から先行して行っていた燕ロータリークラブが音頭をとり、
吉田、分水のロータリークラブが賛同して
毎年行われている慈善事業です。

ロータリークラブ (7).jpg

はきものをそろえると心もそろう
心がそろうとはきものもそろう
ぬぐときにそろえておくと
はくときに心がみだれない
だれかがみだしておいたら
だまってそろえておいてあげよう
そうすればきっと
世界中の
人の心もそろうでしょう

ロータリークラブ (14).jpg

近年では他市のロータリークラブでも行われるなどの
広がりを見せているそうです。
燕、吉田、分水のロータリークラブさん、
ありがとうございました。
お靴のベッドを毎日活用し
礼儀正しく、心やさしい子どもたちが
育っていくことを願っています。

posted by 鈴木力 at 07:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする