2017年03月03日

燕三条ナイトin Singapore B

夜の部は、「 TsubameSanjo Night」を開催。

その他 (2).jpg

NIGHT (3).jpg

今回出張の最大の目的。
シンガポール屈指の現地富裕層が集まる場所の会員を
ターゲットとした観光セミナーで、この富裕層の顧客を
持たれている会社のご厚意で実現しました。

ノーベル賞晩餐会で使用されるカトラリーを使った
ディナーを楽しみながら、観光プレゼンを聞くというスタイル。
三条の地酒を燕のぐい呑みに注いで飲み、
デザートを食べる時も
アイスクリームスプーンの威力を実感する・・・と
匠の技術が詰まった製品を体験してもらいながら
燕三条の魅力を理解してもらおうという趣向です。

NIGHT (10).jpg

Meet (3).jpg

NIGHT (11).jpg

日本の自治体関係者でタワークラブのレストランを
借り切ってこのような催しをするのは北海道の某市に次いで
我々が2例目だそうです。とにかく凄いことなのです。

NIGHT (7).jpg

プレゼンのトップバッターは私。
拙い英語でご挨拶をした後、
スライドを使って燕三条の産業、食、自然など
観光資源の魅力をアピールしました。

NIGHT (9).jpg

もちろん、食事の合間には
昼の部に続き、玉川堂・玉川専務と
包丁職人吉田氏による実演をしてもらっただけでなく、

NIGHT (14).jpg

NIGHT (18).jpg

ノーベル賞晩餐会のカトラリーを製造した山崎金属工業の
山崎工場長から、製造方法や品質の見分け方、
メンテナンスの仕方などカトラリーに関するセミナーも
行ってもらいました。

NIGHT (16).jpg

さすが確かな目を持つ方々。
我々のプレゼンを真剣に聞いてくださるだけでなく、
その反応がとっても良い。

NIGHT (13).jpg

是非、実際に燕三条に行って工場を見学したい
鎚起銅器づくりを体験したい
ラーメンも食べたい
このお酒はここで購入できないのか ・・・などなど

NIGHT (15).jpg

セミナー&ディナー終了後も
レセプション会場前に展示してあった
サンプル商品をご覧になられ、
さっそくご注文されていた方も
多数いらっしゃいました。

NIGHT (4).jpg

ご来場いただいている方々は
シンガポール屈指の影響力のある方々ばかり。
この方々から燕三条のファンになっていただけば、
大きなうねりが生まれることが期待できます。

NIGHT (2).jpg


「TsubameSanjo Night in Singapore」、大成功です。

NIGHT (20).jpg

私も国定さんも、地場産センター職員も
今後への大いなる期待感を持って
帰ってくることができました。
本当にありがとうございました。
出席いただいたみなさん、
次は燕三条でお会いしましょう!

NIGHT (22).jpg
posted by 鈴木力 at 07:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする