2017年01月25日

地方創生RESASフォーラムin新潟@

1月22日、ANAクラウンプラザホテル新潟で
「地方創生RESASフォーラムin新潟」が開催され、
私もパネラーとして出席しました。

RESAS (6).jpg

RESAS(リーサス)とは
国や民間の地域経済等に関するビッグデータを
地図やグラフ等で分かりやすく「見える化」して
提供している地域経済分析システムのこと。
地域の課題を発見し、その解決策を検討するための
ツールとして、国が積極的な活用を提唱しています。
今回のフォーラムは、このRESASの意義や活用の実際を
広く普及するために新潟県が主催したものです。
参加者は自治体、民間企業、学生など約400人。
RESASに対する関心の高さを感じます。

会場全体.jpg

県総務管理部長の杉本孝信氏のあいさつで開会。
最初にRESAS普及の旗振り役である
内閣官房まち・ひと・しごと創生本部事務局の
ビッグデータチームチーム長代理の森大輔氏が
RESASの現状と今後と題し、
データの特徴、活用できるデータ例や
各地域での活用事例、更には
全国政策アイディアコンテストの状況などについて
紹介してくださいました。

RESASとは.jpg

続いて、RESASによる分析事例の発表。
新潟大学、敬和学園大学、新潟県立大学の学生と
新潟商業高等学校の生徒さんたちが発表しました。

敬和学園大学.jpg
新潟県立大学.jpg

いずれもレベルが高く、素晴らしい分析と提案でした。
全員、燕市にスカウトしたいと思ったぐらいです。
RESASの活用方法として教育現場への導入は
とても有効なのではないでしょうか。

新潟大学.jpg

新潟商業の生徒さんの発表を聞いて
今燕市が直面している課題への
ヒントを見た思いです。

新潟商業高校.jpg

(つづく)
posted by 鈴木力 at 07:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする