2017年01月28日

天神講祈願祭

もうすぐ2月。2月と言えば、
3日の節分、14日のバレンタインデーと続き、
そして25日には「越後つばめの天神講」を迎えます。

学問の神様である菅原道真公を偲び、
子どもの健やかな成長や学業成就を願う風習。
燕市では色鮮やかなお菓子を供えることが
特徴となっています。

100858890[1].jpg

毎年、市内菓子店が連携し
「天神講菓子展」を開催していますが、
先日、今年の「天神講菓子展」開催に先立ち、
天神講祈願祭として、菓子の木型のお祓いが
戸隠神社で執り行われました。

100858891[1].jpg

天神講 (2).jpg

今年の「越後つばめの天神講」のイベント内容は
別途後日ご紹介いたします。
今しばらくお待ちください。

なお、県央ドットコムさんで
天神講祈願祭の詳細がレポートされています。
ぜひ、ご覧ください。
http://www.kenoh.com/2017/01/25_tenjinkou.html

posted by 鈴木力 at 07:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月27日

お礼の品が更に充実する予定

先日、「ふるさと燕応援寄附金(ふるさと納税)」の
平成29年度前期分として新たに追加する
返礼品の選考会を行いました。

選考会 (2).jpg

燕市は一昨年からお礼の品を充実し
ふるさと納税の受入に力を入れてきました。
平成26年度が、1億2,624万円
平成27年度が、5億8,579万円
いずれも新潟県内一位の金額となっています。
平成28年度も1月23日現在、5億4,696万円と
引き続き堅調に推移しています。

選考会 (1).jpg

現在のお礼の品は、233点。
今回、新年度前期からの追加希望は157点。
より魅力ある商品がラインナップできるように
金額を従来の5区分から15区分へ細分化したことにより
ぐ〜んと応募点数が増えました。
最終的な選考結果はまだ出ていませんが、
前年度からの継続希望とあわせ、
より充実したお礼の品となることは間違いなし。
新年度が楽しみです。
posted by 鈴木力 at 07:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月26日

地方創生RESASフォーラムin新潟A

いよいよ真打登場。
経済アナリスト森永卓郎さんの基調講演です。
さすが森永氏。テレビ番組でお馴染みの
巧みな語り口で聴衆を惹きつけます。

森永氏.jpg

東京都大島町が進めていた
映画「シン・ゴジラ」で話題のゴジラの像を造る計画が
住民の反対署名により断念したことと
大阪ユニバーサルジャパンの復活劇とを比較しながら
マスマーケットとニッチマーケットの違いや
それをデータで説得できるかどうかなど
RESASの活用の有効性を独特の切り口で解説されました。

森永氏ゴジラ断念.jpg

「小さな町で地方創生をするには、
大衆ではなくマニアが集まってくる仕掛けが一番の鍵」
「関係者の理解を得るための説得材料にRESASを使うべき」
あっという間の45分。
もっともっとお話を聞きたかった!
と思ったのは私だけではなかったと思います。

パネル全体.jpg

休憩を挟んで、パネルディスカッション。
昨日ご紹介した内閣官房の森大輔氏をモデレーターに
日本商工会議所青年部副会長 富永哲臣 氏
リクルートホールディングR&D本部 石山洸 氏
妙高観光推進協議会戦略コーディネーター 塚田卓弥 氏
第四銀行 地方創生推進担当部長 石塚純 氏
と私の5人が、
「ビッグデータで、新潟の未来が変えられるか!?」
というテーマで意見交換を行いました。

パネラー.jpg

私からはRESASを活用した
燕市の人口動態や産業構造の分析について
報告するとともに、
以前(2016年5月20日)にご紹介したこともある
燕市のデータ活用研修について紹介しました。
http://suzukitsutomu.seesaa.net/archives/20160520-1.html

RESAS (1).jpg

他のパネリストから報告された
DMOやAIという分野での発展可能性については
私も興味を持ってお聞きすることが出来ました。

鈴木市長.jpg

とにかくRESASはスタートしたばかり。
燕市としては今後も積極的な活用を
検討していきたいと考えています。
そのためにもRESASの更なるデータ充実を
大いに期待しています。


posted by 鈴木力 at 07:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする