2016年11月18日

名人芸に笑いの渦

先日、燕市文化会館の自主事業として開催した
「落語二人会」に行ってきました。
出演は、人気テレビ番組「笑点」の
大喜利のメンバーである
林家木久扇師匠と三遊亭小遊三師匠のお二人です。

二人会 (4).jpg

会場は満員札止め状態。
お二人の人気の高さを証明していますね。

二人会 (10).jpg

前座を木久扇師匠の八番弟子、
林家木りんさんが務めました。
大相撲の元大関清国関のご子息で、
イケメンの若手落語家として人気上昇中の方です。
将来が楽しみ。早く真打ちに上がってほしいものです。

二人会 (7).jpg

そしていよいよ師匠の登場。
初めに三遊亭小遊三師匠。
今年50周年を迎えた「笑点」の歴史や
立川談志師匠の思い出話を枕に
タップリ笑いをとった後、古典落語を一席。
さすがです。巧みです。
満員の客席から大きな笑いが響いていました。

二人会 (8).jpg

トリを務めるのは、やはりこの人、
林家木久扇師匠です。
お囃子に乗って登場するだけで
会場から割れんばかりの拍手喝さいです。

二人会 (14).jpg

凄い!これぞ名人!! の一言。
さすが落語界を代表するスターのお一人、
林家木久扇師匠ですね。
モノマネも交えた巧みな話芸に会場は爆笑の渦に。
私も涙が出るほど腹を抱えて笑わせていただきました。

二人会 (16).jpg

師匠には開演前にサイン会も行っていただきました。

二人会 (1).jpg

ご来場いただいたみなさまにとっても
大満足の落語会だったのではないでしょうか。
今後とも市民のみなさまから喜んでいただけるような
自主事業の企画を行っていきたいと思います。
posted by 鈴木力 at 07:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月17日

TSUBAME HACK ! VOL.2

先日、TSUBAME HACK ! VOL.2を
開催しました。
「アイデアソン」というイベントを通じて
燕市内の製造業をはじめとする産業界と
デザイナーなどのクリエイターや学生らを結びつけ
新たなアイデアやイノベーションを
生み出していこうという仕掛けです。

01.会場入口.jpg

アイデアソンとはアイデアとマラソンを
組み合わせた造語のこと。
多様な参加者を一堂に会し、
新たなサービスや製品の開発、
課題に対する解決策などを、
短時間で出していくワークショップです。

08.アイデアソンD.jpg

今回はツインバード工業を会場に
50名の参加者が10のグループに分かれて
「サードウエーブ家電」の新しい製品開発の
アイデア、試作品づくりに取り組みました。

02.開会式.jpg
06.アイデアソンB.jpg

今回もたいへん興味深い提案が多数提出されました。
一般的にアイデアソンは、人材育成的な面が強く、
アイデアを具体化することにあまり重きを置いてない
場合が多いのですが、そこはものづくりのまち燕。

03.プレゼン(GarbageCan).jpg

ささっとモックアップをつくるなど
実現性の高さを感じさせるものが多いのが特徴で、
全国各地で行われているアイデアソンとは一味違うと
評判になりつつあるそうです。

02.プレゼン(フォック酢).jpg

そして、いつもながら各チームの
プレゼンテーションについては
引っ込み思案の越後人とは思えないほどのノリの良さ。
アカデミー賞級の寸劇に審査員のみなさんも
感心することしきりでした。

01.プレゼン(たし蟹).jpg

ものづくりのまち燕にアイデアソンを取り込むことで
産業界とクリエイターや学生などが化学反応を起こし
新たな商品やサービスの誕生に結びついていく
ことを期待して始めたこの事業。
今後も継続発展させながら、
産業の社会インフラ的な存在にまで
根付かせていければいいなと思っています。

12.集合写真.jpg
posted by 鈴木力 at 07:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月16日

黒井健さんとえほん体験会

横田切れから120年という節目の今年は
様々なイベントを行っています。
去る11月5日にも、信濃川大河津資料館で
「黒井健さんとえほん体験@川のほとり」という
イベントが開催されました。

その他A.jpg

みなさん、つばめっ子かるた知ってますか?
はーい!

市長挨拶B.jpg

暴れ川みんな泣かせた横田切れ
蒲原の田畑を守る大河津分水
昔も今も水害防ぐ可動堰
日本一長さをほこる信濃川

このように「つばめっ子かるた」には、
川に関するものがたくさんあります。
今回は、この「つばめっ子かるた」の原画の作者である
新潟市出身の絵本作家である黒井健さんをお招きし、
絵本の読み聞かせやお絵かきワークショップを行いました。

樋口代表挨拶.jpg

主催は、燕市、ラブリバーネット、
つばめ若者会議「れっつばめ」チーム。
また国土交通省さんの後援をいただきました。

読み聞かせB.jpg

『ごんぎつね』、『手ぶくろを買いに』、
『ころわんシリーズ』などの絵本で大人気の
黒井健さんに会えるとあって、
イベント告知から申し込みが殺到。
このため予定の定員を増やし、
親子20組40人からご参加いただきました。

市長挨拶@.jpg

主催者による開会あいさつの後、
黒井健さんからつばめっ子かるた作成時の
裏話などをご紹介いただきました。

カルタ制作対談C.jpg
カルタ制作対談B.jpg

絵本『しなの川』の読み聞かせが始まると

読み聞かせ@.jpg

それまでおしゃべりをしていた
小さなお子さんたちも、ぴたりと口を閉じ
物語に惹き込まれるように
静かに聞き入っていました。

読み聞かせA.jpg

休憩を挟み、子どもったお待ちかねの
絵かきワークショップの時間です。
黒井先生から動物などの絵を描くコツを
教えていただきました。
みんな楽しそうですね。

WSB.jpg
WS@.jpg
WSD.jpg

最後にサイン会。
自宅から持参してきた黒井さんの絵本に
サインをしてもらいました。
これは羨ましい!大切な宝物ができました。
みなさん、大切にしてください。
黒井健さん、素敵な時間をありがとうございました。

サインA.jpg

posted by 鈴木力 at 07:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする