2016年09月07日

生誕の地と功績の地の交流A

大河津分水資料館 (5).jpg

一夜明け、8月28日は
分水小の4年生たちの案内で
信濃川大河津史料館や大河津分水路を見学。

大河津分水資料館 (7).jpg
大河津分水資料館 (8).jpg
大河津分水資料館 (1).jpg
大河津分水資料館 (4).jpg
大河津分水資料館 (6).jpg

横田切れ公園を見学した後

横田切れ公園 (3).jpg
横田切れ公園 (4).jpg
横田切れ公園 (2).jpg

横田切れ120年シンポジウムも一部傍聴し、
午後3時過ぎには、燕三条駅から新幹線で
帰宅の途につきました。

シンポジウム (9).jpg

翌日の愛媛新聞の記事を拝見すると
3人の一人永野知夏さんは
「可動堰(の遺構)は写真で見るより
大きくしっかりしていた。分水路ができて
米作りが盛んになったことを知った。」と振り返り、
藤岡みやびさんは
「分水路は昔に造られたのに、よく工夫されていた。
2日間勉強したことを壁新聞に盛り込み、発表したい」
と意欲を見せていたそうです。

また、昨日藤岡さんからお手紙が届きました。
9月末に全校児童や地域のみなさんの前で
体験発表会をする予定だそうです。
「鈴木市長から見に来ていただきたいくらいです」とのこと。
お手紙ありがとう。
行けることなら、行きた〜い ですね。

横田切れ公園 (1).jpg

宮本武之輔の生誕の地と功績の地の交流、
今後も末永く続いていくことを願っています。

ちなみに、さっそく
それそれの小学校のHPで
交流の様子が報告されています。

興居島小
http://gogoshima-e.esnet.ed.jp/

分水小
http://www.tsubame-city.ed.jp/bunsui-e/H28/dekigoto/0828_gogoshima/top.html




(おわり)
posted by 鈴木力 at 07:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする