2016年08月20日

水燕鎚工会作品展

燕市産業史料館で開催中の企画展は
恒例の水燕鎚工会作品展。
燕市と三条市で制作を続ける、
5人の金属工芸 作家の作品全45点を紹介しています。

水燕鎚工会作品展.jpg

作家は、石高靖男、椛澤伸治、高橋純一、
早川常美、細野五郎の5人。
いずれも普段は鍛金、彫金の職人として
燕の地場産業に携わり、日々技術研鑽を行っています。
熟練な職人としての技の確かさと、
作家としての創造性の2つの側面が楽しめる展示会です。

水燕鎚工会 (2).jpg
水燕鎚工会 (4).jpg
水燕鎚工会 (12).jpg


今回のテーマは「果物」。
具象テーマを作らせたら、一等技術を誇る熱き漢たち。
「 はっきりいってヤバイくらいに楽しい作品が並んでいます」
と語るのは、史料館の学芸員・インディ斎藤氏。
その全容は是非会場でご覧ください。

水燕鎚工会 (5).jpg
水燕鎚工会 (10).jpg

会期は8月28日(日)まで。
みなさんのご来場をお待ちしています。

posted by 鈴木力 at 07:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする