2016年07月17日

レストランバス

先日、レストランバスというものに乗りました。
レストランバスは、天井が開閉する2階建てバスで
1階に厨房を備え、車内で食事を楽しむことができるバス。
日本にはまだ一台しかないそうです。

レストランバス (33).jpg

今年の4月から7月まで新潟県内で運行されていて、
主に土曜にランチとディナー、水曜にナイトクルーズ、
日曜は団体利用といったプランを用意しています。

レストランバス (1).jpg
レストランバス (3).jpg

今回このバスを利用して
新潟、三条、燕の3市の魅力をつないだ
広域観光周遊ルートの形成を目指して
3市の担当者が実際に体験してみることになりました。

レストランバス (12).jpg

新潟市長、三条市長、燕市長の3人が揃って乗車。
正午に燕三条駅を出発して、
三条市のマルナオさん、飯塚農園さん、
燕市の玉川堂さん、新潟市の太田農園さんの順に立ち寄り
それぞれの工場や農園を見学しました。

レストランバス (7).jpg
レストランバス (9).jpg

我々が工場見学している間にシェフが調理し、
移動する度に料理が一皿一皿提供され、
車内で食事を楽しむというスタイルです。
今回料理を担当したのは、なんと、なんと、
あの有名な燕三条イタリアン Bitの秋山シェフ。

レストランバス (5).jpg
レストランバス (14).jpg
レストランバス (22).jpg

残念ながら、私だけ他の公務と重なっていたため
見学は最初のマルナオさんだけ、
食事も前菜の一皿だけで下車することになりました。
とは言うものの、
レストランバスの魅力は十分に理解することができました。
2階建バスから見る景色は目線が高いこともあり、
普段見慣れた街並みもにまったく違った光景に見えました。

レストランバス (18).jpg
レストランバス (24).jpg

地方都市での観光ルート開発する場合
常に2次交通が課題になるわけですが、
このバスは点と点を結んでいくだけでなく、
移動中の食事の際も燕三条の製品のPRの場になる
ことから今後の活用の可能性を感じることができました。
来年春も新潟運行が予定されているとのこと。
その時には何らかの具体的な運行が
実現できるといいですね。

レストランバス (27).jpg
レストランバス (29).jpg

それにしても
後で担当者に感想を聞いてみると
とても楽しいミニ旅行だったとか。
返す返すも残念だったなぁ・・・
posted by 鈴木力 at 07:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする