2016年07月11日

ユニークベニュー

ユニークベニューという言葉をご存知でしょうか。
私もつい最近、玉川堂の玉川社長から
教えてもらったのですが、
ユニークベニューとは、
歴史的建造物、文化施設や公的空間等で、
会議・レセプションを開催すること。
その会場独特の雰囲気や地域特性を演出できることから
最近注目されている取り組みです。

デザイン (2).jpg

先日、玉川社長が会長を務める
燕三条デザイン研究会が燕市産業史料館を会場に
ユニークベニューを行いました。
実はこれ、4月に行われた玉川堂200周年記念イベントに続き
2度目の試みです。

デザイン (5).jpg

デザイン研究会の総会の後、
且麺亭“潤”の松本潤一氏が
「燕三条ラーメンを世界へ」と題して
ドイツフランクフルトにオープンしたお店について講演。

デザイン (1).jpg
デザイン (6).jpg

その後、産業史料館の中庭で懇親会が行われました。
ここでの料理も“潤”さんが担当。

デザイン (10).jpg
デザイン (8).jpg

ドイツ店で提供している料理などを堪能しながら
あちらこちらで歓談が行われていました。

デザイン (16).jpg
デザイン (18).jpg
デザイン (22).jpg

参加されたみなさんも、産業史料館の新たな活用法に
好印象を持たれたようです。
ユニークベニュー、当地域で流行りそうですね。
posted by 鈴木力 at 07:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする