2016年06月17日

ひまわり作戦×2

だんだん夏が近づいてきました。
夏の風物詩“ひまわり”を咲かせようと
地域一体となって取り組んだお話を2つ紹介します。

ひまわり.jpg

去る5月30日、大河津分水さくら公園に
春は桜、秋は秋桜、と
四季を通じてさまざまな花を楽しめる
新たな見どころをつくろうと
地元の大川津自治会、分水小学校区まちづくり協議会、
笈ヶ島保育園の園児たちに協力していただき
ひまわりの種まきを行いました。

ひまわり(さくら公園) (9).jpg

撒いたのは「サンリッチレモン」という品種、約5000本。
園内の東側あずまや付近に
約180平方メートルの花畑ができました。

ひまわり(さくら公園) (15).jpg

近くには大型複合遊具があり、夏には
ひまわり畑の周りに元気な子供たちの声が
響くことになるでしょう。楽しみですね。

ひまわり(さくら公園) (26).jpg

ちなみに秋にはコスモスの栽培も計画しています。
大河津分水さくら公園の新たな名所になることを
期待しています。

続いては、6月4日。
耕作放棄地を美しい農地本来の姿に復元し、
地域の活性化を図ろうと、燕市農業委員会が
3年前から取り組んでいるひまわり作戦。
今年は新たに吉田地区の下粟生津で実施しました。

ひまわり(粟生津) (1).jpg

地元から約300人が参加。
子どもたちから農業のプロのお年寄りが力を合わせて
約22aの畑に約2万本のヒマワリの種を撒きました。

ひまわり(粟生津) (34).jpg
ひまわり(粟生津) (37).jpg

品種は、背が高く1本の茎に1輪だけ花を咲かせる
「ハイブリッドサンフラワー」と
背が低めで1本の茎にいくつも花を咲かせる
「大雪山」の2品種。

ひまわり(粟生津) (44).jpg
ひまわり(粟生津) (29).jpg
ひまわり(粟生津) (51).jpg

花が咲いたら畑の中に入って観賞できるように、
通路がしっかり設計されているそうです。

ひまわり(粟生津) (21).jpg

ん〜、はやく花が咲くのをみたいですね。

posted by 鈴木力 at 07:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする