2016年04月15日

玉川堂創業二百周年展を開催します

無形文化財 鎚起銅器の老舗、玉川堂。
1816年、玉川堂初代・玉川覚兵衛が
17歳の時に銅器製造を開始し、
以来、銅器製作一筋にあゆみ、
今年2016年で創業200年を迎えました。
この間、幾多の門人を輩出し、
燕の産業に大きな影響を与え、今日の礎となっています。

そこで、明日4月16日(土)から5月22日(日)まで
燕市産業史料館で「玉川堂創業二百周年展」を開催します。

200年展1.jpg

従来の企画展は企画展示室のみで開催してきましたが、
隣の丸山コレクション矢立記念館も
展示会場として使用。
今までの2倍近い広さの企画展会場となります。

200年展2.jpg

また、これに合わせて
図録「鎚起銅器」の発売も開始します。
鎚起銅器の教科書的内容となっています。
この機会に是非ご購入ください。
価 格:2,000円

図録.jpg

さらにさらに、以下のような
アニバーサリーイヤー伝統工芸3社トークショーも
企画されています。お見逃しなく!

(1)日 時:
4月24日(日) 午後3時〜

(2)出演者:
中川政七商店(奈良市・創業300年)代表取締役 中川 淳
玉川堂(燕市・創業200年)代表取締役 玉川 基行
能作(高岡市・創業100年)代表取締役 能作 克治

(3)定 員:
50名(先着順、予約不可、入館券のみ必要)


posted by 鈴木力 at 07:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする