2016年03月21日

東京つばめいと、新たなステージへ@

燕市では、
市と首都圏の若者をつなぐ「東京つばめいと」事業を
昨年の5月から実施しています。
これまで、会員相互の交流会や
神宮球場で行う燕市のイベントに
参加してもらう活動を行ってきました。
その「東京つばめいと」が新たなステージに入ります。
首都圏からのUターンを促進するため、
3月からの大学3年生の就職活動解禁にあわせ、
首都圏在住の若者と市内企業とをつなぐ場として、
東京都内でワークショップを行いました。

時は、3月12日(土)午後1時〜。
浜松町の世界貿易センタービルに集合。
燕市から参加した企業は、
渇涛。製作所、ツインバード工業梶A燕物産梶A
鞄圏z理化学研究所、北越工業梶A燕市役所。
学生側は、東京つばめいとメンバーのほか、
燕市の産業に興味がある学生31名。

つばめいと (66).jpg

参加者は受付後、
ランダムにグループ分けしたテーブルに着席。
まずは自己紹介でアイスブレイク。

つばめいと (1).jpg
つばめいと (4).jpg

企業側参加者も自己紹介。

つばめいと (11).jpg
つばめいと (14).jpg
つばめいと (10).jpg

その後、企業の参加者が各グループに入って
働く意義について意見交換。

つばめいと (18).jpg
つばめいと (61).jpg
つばめいと (19).jpg

そして本日のワークショップのメイン作業に
入っていきました。
それは、企業をLEGOで表現するというもの。
企業側による会社説明を行った後、
学生側がヒアリングを行います。
企業概要パンフの情報だけで
LEGOを作るのは難しいため、
より深い情報をヒアリングする必要があります。
これにより企業への理解が深まります。
企業側にとっても、学生コミュニケーション能力、
理解力・表現力を見ることができます。
通常の就職説明会とは一線を画す事業です。

つばめいと (62).jpg
つばめいと (59).jpg

され、どのようなLEGOが出来たのは?
それは明日へつづく。

つばめいと (31).jpg

posted by 鈴木力 at 07:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする