2016年02月08日

浦添へ@(キャンプイン前夜)

2月1日からプロ野球は
各チームが一斉にキャンプインしました。
燕市と交流事業を行っている
東京ヤクルトスワローズは
一軍が沖縄県浦添市、二軍が宮崎県西都市で
キャンプを行っています。

私は4市交流を行っている浦添市長さんのお誘いもあり、
スワローズの激励と物産PRなどを兼ねて
1月31日から2月2日まで浦添市に行ってきました。

ヤクルトキャンプ (6).jpg

1月31日、キャンプイン前夜。
東京ヤクルトスワローズ浦添協力会主催による
優勝祝賀会と交流会に出席いたしました。

ヤクルトキャンプ (21).jpg

キャンプイン前日に浦添協力会のみなさんと
スワローズの選手たちが交流する会。
私は一昨年もこの交流会に出席させていただきましたが、
今回は14年ぶりのセリーグ優勝ということで
優勝祝賀会も兼ねての実施。

ヤクルトキャンプ (48).jpg

そのせいでしょうか?参加者は例年の1.5倍。
当日入会するファンが100人以上いたそうで、
500名を超える大盛況ぶりに
浦添市役所のみなさんは
てんてこ舞い状態でした。

ヤクルトキャンプ (66).jpg

ギュウギュウ詰めの中、選手入場。

ヤクルトキャンプ (25).jpg

水田浦添協力会長、松本浦添市長の挨拶。
チャンピオンフラッグが輝いています。

ヤクルトキャンプ (29).jpg
ヤクルトキャンプ (33).jpg

衣笠球団社長の謝辞。

ヤクルトキャンプ (42).jpg

真中監督からは
セリーグ連覇と日本一を目指すという力強い発言。

ヤクルトキャンプ (47).jpg

交流タイム。
ファンのみなさんはサインを求めて
お目当ての選手のもとへ。
キャンプ開催地ならでは特典。
燕市では絶対にできない交流会です。
とてもうらやましいですね。

ヤクルトキャンプ (31).jpg
ヤクルトキャンプ (69).jpg

一躍スターになった山田選手の周りは大混雑。
たいへんな状況になっていました。
傍で観ていてケガがないようにと祈るばかりでした。

東京での納会や激励会では真っ先に選手の元に駆け寄り
声をかけたり、サインをもらったりする私ですが、
この日は浦添協力会のみなさまが主役です。
サイン依頼は自重することにして、
人波が途切れた機会を狙いながら、
ある目的を果たそうと行動しました。

ヤクルトキャンプ (54).jpg
ヤクルトキャンプ (56).jpg

目的1、館山投手と接触。
もちろん先日の野球教室、特別授業のお礼です。

目的2、今年の野球教室をお願いする候補者との接触。
レギュラークラス数名に話しかけ、
野球教室を行っていただけないか打診。
みなさん、「先日、館山投手がやっていましたよね。
僕でよければよろこんで」と好反応。
なんとかオフには実施できるよう
今後も交渉をつづけていくつもりです。

ヤクルトキャンプ (70).jpg

目的3、新入団選手にご挨拶。
新人の原投手、山崎外野手、
他球団から移籍の坂口外野手、鵜久森外野手に
燕市長を覚えてもらうこと。
サインをもらいながら、
「燕市は神宮球場でのヒーロー賞を提供しています。
是非、賞品をゲットしてください。期待してます。」

ヤクルトキャンプ (63).jpg
サイン (1).jpg

と一応目的は達成。
ほかにも会場前には浦添市観光協会のご協力を得て
燕市の物産を展示販売。
幾つかお買い上げいただいたそうです。
ありがとうございました。

ヤクルトキャンプ (14).jpg

この後、球団の人と食事に出かけたのですが、
ここで興味深い情報を入手しました。
これについてはいつかご紹介する機会も
あるかもしれませんが、
今日のところはこの辺でおしまい。

(つづく)

posted by 鈴木力 at 07:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする