2015年11月27日

スワローズカップin浦添A

DSCF8925 松山vs.jpg

試合の後は、宿泊先ホテルでレセプション。
4市の選手と選手、4市の選手とヤクルト球団の選手、
4市の指導者と指導者、4市の保護者同士・・・
さまざまな交流が活発に行われました。
そう!この大会は
少年野球“交流”大会ですから。

野球大会 (15).jpg

それにしても今回の浦添大会で
私がとっても感心したことがあります。
それは浦添市の少年野球チームの子どもたちが
スタンドから各チームの応援をしてくれたこと。

DSCF8952 松山vs 応援席.jpg

最初は対戦相手のチームの応援団かと思いきや
我々燕市チームのベンチの上でも
太鼓を叩きながら大きな声で声援を送ってくれました。
お聞きするところによると浦添チームは
各小学校からの選抜チーム。
選抜された選手が所属する各チームの仲間たちが
大挙して球場に集合していたのだそうです。
浦添市流の“おもてなし”、です。素晴らしい!
浦添市のみなさん、ありがとうございます。

DSCF8954 松山vs.jpg

さてレセプション。
恒例のヤクルト400で乾杯!

野球大会 (18).jpg
DSCF9013 レセプション.jpg

交流タイムに入ると子どもたちは次々と
館山選手や新垣選手のもとに駆け寄り
サインをもらったり、一緒に写真を撮ったり。
これがスワローズカップの最大の魅力かもしれません。

DSCF9019 レセプション.jpg
DSCF9020 レセプション.jpg
DSCF9023 レセプション.jpg

さらに球団からのプレゼント贈呈。
うらやましい限りです。

DSCF9043 レセプション.jpg

そして館山選手と新垣選手から
子どもたちへ激励のメッセージ。

野球大会 (20).jpg

特に館山選手の話は感動的でした。
「今年、2年間のリハビリ生活から復活できた。
昨年燕市で行われたこの少年野球大会を観て
純粋に野球が好きだった頃の気持ちを思い出し、
絶対にもう一度神宮のマウンドに立つのだと
リハビリに励んだ。
今年カムバックできたのは、
この少年野球大会のおかげだと思う・・・」と、
館山選手自身が涙ぐみながら語ってくれました。
会場にいた我々も思わず、ウルウル。
なんて素敵なお話ではありませんか。
スワローズカップ、万歳! です。

野球大会 (25).jpg

こうして楽しい時間を過ごした後、
少年たちは明日の試合に備えて部屋に戻っていきました。
みんな、ゆっくり休んでね。(無理かな?)

野球大会 (23).jpg

(つづく)
posted by 鈴木力 at 07:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする